准看護師の転職なら転職コンサルタントにおまかせ!

同じ悩みを抱えている看護師さんへ・・・

看護師が転職する理由についてのあれこれ

看護師が仕事をする場所は大学病院や総合病院が思い浮かびます。 それ以外にも個人病院やクリニックなど規模が小さい病院や診療所などもあります。 病院などの医療機関以外では、一般企業から看護師を募集しているケースも多くなっています。

また幼稚園や保育園など保育施設での求人も活発化されています。 こういった恵まれた就職環境があるので、転職しやすいのが看護師です。 ここでは、看護師が転職する理由についてのあれこれを考えてみましょう。

あるデータを見てみると、転職理由のベスト1は、給与への不満で全体の約40%程度も締めます。 給料アップを目的で転職する看護師はとても多いようです。 不満理由では「手当がつかない」とか「残業がつかない」という声も多いようです。

都市圏ではサービス残業が蔓延化していて中には強制的に強いられる事案もあると報告されています。 上位10位まででは、休日制度や残業など労働環境での満足が得られずに転職を考えてしまう看護師の声が多いです。

こういった点は医療施設や職場によって随分と差があります。 もしも転職する場合にはキチンとチェックしておきたポイントになります。

2位にランキングされたのは、<仕事にやりがいを感じられない>です。 3位は<勤務先の施設のタイプを変更したい>でした。 こういった面は、やりがいを重視されている看護師が転職を考えてポジティブシンキングな印象があります。

これ以外には、人間関係のトラブルや勤務先の評判もあります。 しかしながら、転職したい理由のトップはやはり給与面です。 お金にこだわりがあるのはハードな不規則勤務を強いられる看護師に対する評価として譲れない部分なのでしょう。

転職理由以外に転職条件に関する回答でも80パーセントの回答者は給与を上げています。 2位以降は、休日制度・勤務体系・職場の人間関係・雇用形態・勤務地と続きます。 以上、看護師が転職する理由についてのあれこれと調べましたが、転職をする場合にはしっかりと給与面をチェックしておきたいです。