准看護師の転職なら転職コンサルタントにおまかせ!

転職を考えている准看護師さんは必見です!

准看護師が転職する方法の特徴

看護師が転職する場合に利用するのは

(1)看護師専門の求人サイト
(2)新聞や求人雑誌
(3)ハローワーク
(4)知人からの紹介

などが考えられます。

ここでは、看護師が転職する方法の特徴を解説いたします。

「1番目は、看護師専門の求人サイトです。 これは、転職するのが初めての人や転職そのものに悩んでいる人・履歴書作成に自信がなかったり効率的に転職活動したい人にお勧めします。転職活動についての専門的なアドバイスを受けることができるでしょう。

場合によっては履歴書の添削をしてくれるサービスを受けることができます。 転職経験がなかったり、転職活動で失敗続きの看護師はこれが良いと思います。

2番目は、新聞や求人雑誌をみて自分で探す方法です。 まずは求人を見たい人や自分のペースでじっくりと転職活動をしたい人に向いています。 転職活動を急かされたりするのが嫌なタイプの人はこれが一番でしょう。 まだ転職時期などが未定な人でとりあえず求人の実情を知りたければ簡単に分かります。

3番目は、ハローワークを利用する方法です。 求人の比較をきちんとしたい人や自分のペースで転職活動をしてアドバイスもして欲しい人にお勧めです。 看護師専門の紹介だけではありませんから専門的な内容は分かりませんが求人件数はたくさんあります。

自分のペースで転職活動ができますし公的機関ですから法律に準じた条件を精査されているので安心できます。 もちろん多媒体でも法律を守って掲載していますが、より良く見せる誇張表現もなきにしもあらずです。 ハローワークの求人は規定のフォーマットですから比較しやすいのが特徴です。

4番目は、知人からの紹介です。 転職経験が豊富で看護師経験が豊富な人や交友関係が広い人達にお薦めの転職方法です。 当然のことですが信頼できる知り合いが多いことが絶対条件で、そんな人達がいれば良い求人が多くなるでしょう。

けれども条件面が曖昧になったりしますから重要な条件はキチンと書面でかわすことが大切です。 また知人の顔があるので辞退したり退職しにくい面もでてきますので注意しましょう。

以上のような方法がありますが、自分にあった方法が転職活動するのが一番です。 他人の経験談はあくまでも参考にして、自分自身の状況や性格などを加味して転職先を探す方法を選ぶことが大切です。

ナースバンクを利用した転職方法

看護師として働いている方は、ナースバンクという名前を聞いたことがあるはずです。 これは看護師に特化したハローワークのことだと理解すれば分かりやすいでしょう。

日本看護協会が運営するナースセンターが各都道府県から依頼を受けて求人情報を公開しています。

求人情報だけでなく看護師という仕事をするうえで役立つ様々な情報を提供してくれるので、利用してみてはどうでしょうか。看護師求人を閲覧することの他、相談員に職業相談をしたり、求人の紹介状を書いてもらったりすることができます。

こういった点はハローワークとそれほど変わらないのですが、ナースバンクの特徴として挙げられるのが、相談員が元看護師であるということ。つまり、看護師という職場の特徴や問題になりがちなポイントを理解してくれているので、かなり具体的な相談もできるのです。

利用も無料なので、相談をしながら仕事探しをしたいという方もナースバンクに足を運んでみるといいでしょう。

ただ、いくつか注意しておきたいことがあります。まず、ナースバンクに出ている求人は緊急性があるものではないため、応募をしたとしてもすぐに働けるとは限りません。 実際に働き始めるまでには数週間から1ヶ月以上かかってしまうこともあるのでこの点はよく理解しておきましょう。

また、相談員が元看護師というのは確かに嬉しいポイントではあるのですが、看護師としてのアドバイスはもらえますが転職活動のプロではないため自分で考えたり調べなければならないこともあるはずです。

それから、営業時間があまり長くなく、17時までというところが多いので仕事が休みの日でなければなかなか利用できないかもしれません。 早いところだと16時までしか営業されていないので注意しましょう。

ナースバンクでは理想的な仕事が見つからなかったという方でも、インターネット上から利用できる看護師転職支援サイトを使えば気になる求人が見つかるかもしれません。 こちらも確認してみるといいですね。

看護師から助産師として活躍する方法

もともと看護師として働いていたものの、他の職業に移って活躍しているという方もたくさんいます。 中でも人気があるのが、助産師という仕事です。

助産師といえば、女性の出産や妊娠中のサポートをする仕事ですが、出産後にも様々なケアやサポートを担当することになります。古くは産婆と呼ばれていましたが、女性に頼られる仕事がしたいと思っている方も助産師への転職を検討してみてはどうでしょうか。

ただ、看護師として働いている方の中にも妊婦さんのサポート業務を行っている方はたくさんいますよね。助産師との違いについてですが、まず開業権があるかどうかという違いがあります。

看護師資格のみでは独立開業はできませんが、助産師であれば可能です。 それから、赤ちゃんを取り上げる行為や、へその緒を切るといった行為も看護師には認められていません。

助産師が活躍している場所といえば、助産院ですよね。病院などに勤務している助産師もいますが、病院では分娩に関する仕事以外にも様々な業務を担当しなければならないため、専門的な仕事がしたくて助産院を選ぶ方もいます。看護師や助産師としてのキャリアを積めば自分で助産院を開くことも可能です。

ここで一点注意したいのが、助産師が行える医療行為の範囲です。助産院ではお産に関する全ての行為が許されていると思っていた方もいるかもしれませんが、助産院で担当できるのは正常分娩のみです。

つまり、帝王切開が必要だったり、逆子、双子などの場合は助産院での出産ができないため、病院でお産をすることになります。

次に、看護師から助産師になるにはどうしたらいいのかご紹介しましょう。

まず、助産師という職業は女性限定の資格となっています。基礎助産学、助産診断・技術学、地域母子保健及び助産管理が試験科目となっており、毎年2月に実施される国家試験を突破しなければなりません。

看護師になるだけでも大変なのにそこから更に助産師を目指すというのは簡単なことではありません。ですが、スキルアップのために助産師を目指す方もいるので、気になる方はチェックしてみるといいですね。